安養寺について

内陣のお飾り画像

【 歴史 】

名称 : 経坪山安養寺

開基 : 明順

開創 : 慶長十五年(1610年)

安養寺の開基明順は肥後菊池氏の末裔。

玉名郡山下村の安養寺覚念より法統を受けたが、これを辞して島原に移ると、原城主有馬氏より寄進を受けて多比良村に寺院を建立し『安養寺』と号した。
後に、有馬氏が移封され、松倉氏が領すると、その招請を受けて城下桜町に寺院を建て『安養寺』と称し、それに伴い多比良村安養寺は『正覚寺』と改称し、子の休意に任せた。
また、慶長十七年(1612年)には親交のあった明玄を招き、大野村にて『勝光寺』の建立に尽力したとも伝えられる。

このような歴史があり、現在でも安養寺・正覚寺・勝光寺は親戚寺となっている。

明順は、最後は守山村『大福寺』に隠居し、その地にて入寂。墓碑は大福寺境内にある。

寛永十四年(1637年)には、日本の歴史上最大規模の一揆である島原の乱が起きた。天野屋藤左衛門という人物の書状によると、一時、一揆軍が島原城下に押し寄せ、城下の町を焼き払った際に寺院や神社も同じく焼き払われたとされており、また島原市内の某寺院では一揆軍に占領され寺院内の者が殺害されたという歴史を今に語り継がれているが、安養寺に関してはどうであったのかは次の出来事の為不明である。

寛政四年(1792年)旧暦四月一日におきた島原大変の大津波により、安養寺は本堂他法物も悉く流出し、第十世寛興並びに有縁の門信徒一千名弱が流死の災厄に遭った。この為、第二世より第八世住職までの過去帳も含めた詳細な記録が全て失われることとなった。
現在、第十世寛興および寺内十余名、並びに門信徒の流死者の法名約一千名の記された過去帳が残っている。
なお、その災害を生き残った長男の龍珠(第十一世)により再建されたのが、現在の安養寺の本堂である。
安養寺本堂の再建が実現するまでには実に十七年の歳月を要している。

安養寺の山号である『経坪山』は、境内に一切経の経典を埋め島原大変の百回忌追悼法要を勤めた事に由来する。